弊社代表より皆様へ

株式会社クロレラ科学研究所は、1960年代、熱帯魚飼育鑑賞の草創期に神戸大学理学部の先生方のご指導をいただいてクロレラを配合した鑑賞魚用配合肥料を考案し、爾来餌作り一筋、当時開発されたばかりのフリーズドライ装置や特殊薄乾燥装置を導入して、人々の生活を和ませる鑑賞魚用餌料製造の嚆矢となりました。

やがて、これらの経験を生かして200海里経済水域に限られた海洋国日本の漁業の生きる道は養殖漁業を盛んにすることであるという思いから、研究熱心な養殖業者のよきパートナーとして、資源を守りつつ健康な養殖魚を育成し、より多い収穫を得られるような養殖魚用飼料添加物を開発して今日に至りました。

遠く父祖の時代よりこの海辺で漁りして生きてきた我々が、子孫に美しく豊かな海と陸を残すために、そして海に牧場を作るごとく魚介類を養殖して食糧問題解決の一翼を担いたいと思うこころからでした。

さて、1995年1月の阪神淡路大震災では、神戸に本社をおくわが社も甚大な影響を受けましたが、この体験の中から、不時の災害が起きた時、特に『少量の水だけしかない災害直後』に役立つ非常食品の開発に取り組み、《安心の非常食・水だけあれば餅》が生まれました。

従来の社業とは異なる分野への船出でしたが、いかなる事態においても人間の食を守る手助けをしたいという意味では、終始かわらぬ決意を貫いて今日に至っております。


株式会社クロレラ科学研究所
代表取締役 荒木 勝美

開発の背景

地震列島といわれる日本では、いつか起きるであろう巨大地震について日頃の備えが大切といわれ続けてきましたが、阪神淡大震災はまったく不意打ちのように大地が揺れました。
神戸に本社をおくわが社も甚大な被害を受けましたが、多くの方々に助けられながら今日に至りました。この体験の中から、不時の災害がおきても役に立ち、ともに助け合える商品を作りたいと思うようになりました。
3・11東日本大震災では、直後から≪水だけあれば餅≫を送りはじめましたが、避難所の方たちから「もっと、もっと・・・」と電話をいただいたことが忘れられません。
水だけあれば、簡単に、いつでもどこでも、さらにおいしく召しあがっていただけるように、工夫努力を続けたいと思っております。

メールでご相談・お問い合わせ

株式会社クロレラ科学研究所
〒657-0027
兵庫県神戸市灘区永手町3-2-25
TEL:078-851-8876
FAX:078-851-8877

  • 個人情報保護方針
  • 水だけあれば餅の作り方